非常用自家発電機|1/3の費用・短時間

電話番号電話番号
ご相談・お見積りのご依頼ご相談・お見積りのご依頼
負荷試験・内部観察から予防的保全策まで幅広く対応負荷試験・内部観察から予防的保全策まで

負荷試験の作業内容

従来の1/3の費用・短時間で行える最新の負荷試験

これまでの負荷試験機は、大型で重たく、トラックから降ろして、敷地内への搬入ができず、
大掛かりな点検スペースの確保、養生が必要でした。
しかも全館停電、作業時間も長く、作業員も5名以上必要とするため、作業料金も高額でした。


従来の1/3の費用・短時間

当社は、小型軽量化を実現した負荷試験機を使用しますので、搬入もスムーズで、
余計な養生や点検スペースの確保もいりません。
オペレーターも2~3名、作業時間も2~3時間となり、低料金・短時間での負荷試験を
実施頂けます。

負荷試験の作業内容

負荷試験を実地する際は、専用の疑似負荷試験装置(重量30kg~40kg)を費用用発電機付近まで
搬入し、本来電源供給される施設側との接続を遮断し、非常用発電機と疑似負荷試験機を連結し
稼働させ、10%(5分)→ 20%(5分)→ 30%(30分)→ アイドリング(10分)→ 計50分間
点検し、様々なデータを測定します。

負荷試験の一式内訳として、電圧200V以下、消防に基づく30%以上の負荷試験、機能点検、
作業員2名、ケーブル15メートル以内、ケーブル布設養生、運搬交通費、出力データー票作成が
含まれています。
280kVAを超える場合は、別途見積りになります。
周辺環境や設置場所状況により、料金が異なる場合があります。

負荷試験の作業内容

トップ
当社が選ばれる理由
負荷試験とは
負荷試験の作業内容
負荷試験の流れ
予防的保全策とは
内部観察とは
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ

総務省消防庁