非常用発電機負荷試験サービス

電話番号電話番号
ご相談・お見積りのご依頼ご相談・お見積りのご依頼
負荷試験・内部観察から予防的保全策まで幅広く対応負荷試験・内部観察から予防的保全策まで

よくあるご質問

非常用発電機ってそもそも何ですか?

非常事態における停電発生時に、スプリンクラーや排煙装置、消火などに電源を供給するための
装置です。2017年以降、各消防署へ点検の強化と指導に関する通達がなされました。

負荷運転(負荷試験)とはどのような試験ですか?

非常用発電機が正しく動作するかを確認する為に非常用発電機に模擬的に負荷をかけ、
動作状況を記録し、正常な動作が可能である事を報告するための試験です。
また試験によって得た情報は報告書として総合点検時に提出が義務付けられています。

負荷試験にはどんな作業が含まれていますか?

負荷試験の内訳として、、消防に基づく30%以上の負荷試験、機能点検、作業員2名、
ケーブル15メートル以内、ケーブル布設養生、運搬交通費、出力データー票作成が含まれて
います。280kVAを超える場合は、別途見積りになります。
周辺環境や設置場所状況により、料金が異なる場合があります。

お見積りに費用は発生しますか?

お見積りに費用は発生しませんので、まずはお気軽にご相談ください。
※離島・遠方の場合、必要経費が発生する場合も御座います。
その場合はご訪問させて頂く前にご確認頂きますのでご安心ください。

非常用発電機の負荷試験実施は義務ですか?

消防法及び建築基準法により、1年に1度の実施が義務付けられています。

もし負荷試験を行わなかった場合、どうなりますか?

負荷試験は非常時に正しく作動するかを確認するための大切な試験ですので必ず実施しましょう。

数ヶ月に1度は負荷をかけずに非常用発電機を運転しています。
別途、負荷試験を行わなければならないのでしょうか?

無負荷の状態で点検する、いわゆる「空ふかし運転」は、自動的に非常電源に切り替わるかどうか
の確認となるため、消防法で定められた負荷試験には該当しません。
別途、消防法で定められている負荷試験を実施してください。

消防法では、なぜ負荷試験が義務付けられているのですか?

空ふかし運転だけを行っていると、ディーゼルエンジンのシリンダー内側にカーボンが堆積して
いきます。そのまま非常用発電機を作動させると、ディーゼルエンジンに多大な負荷がかかって
正常に動かなかったり、エンジンの出火により二次災害を起こしたりするおそれがあります。
そのため定期的に負荷試験を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出する必要があるのです。

トップ
当社が選ばれる理由
負荷試験とは
負荷試験の作業内容
負荷試験の流れ
予防的保全策とは
内部観察とは
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ

日本発電機負荷試験協会

総務省消防庁