非常用発電機負荷試験サービス

電話番号電話番号
ご相談・お見積りのご依頼ご相談・お見積りのご依頼
負荷試験・内部観察から予防的保全策まで幅広く対応負荷試験・内部観察から予防的保全策まで
負荷試験のことはお任せ下さい負荷試験のことはお任せ下さい

非常用発電機の点検の必要性がNHKで報道されました。

無停電で点検できる負荷運転

負荷試験って必要なの?

はい、必要です。
平成30年6月1日に消防法改正がありました。
非常用発電設備の点検として、負荷運転と内部観察のどちらかを年に一度必ず実施するように
義務付けられています(※負荷運転・内部観察とも点検周期園長制度あり)

負荷運転とは?
予防的保全措置とは?

非常用発電機ってそもそも何なの?

地震・火災などの非常事態における停電の際、自動で電源を切り替えて、消火活動に必要な
屋内消火栓ポンプ・スプリンクラーなどを動かす必要最低限の電力を供給するものです。

非常用発電機とは

非常用発電機負荷試験の必要性

地震・火災による停電時に万が一、非常用発電機が発動しなければ、
スプリンクラーや消火栓は稼働せず、消火活動が行えません。

常用発電機負荷試験の必要性

万が一、消火活動がスムーズに行えず二次災害や利用者様の避難の妨げにもなる為、
施設を運営する上でも最も大切な管理業務のひとつと言われています。

非常用発電機負荷試験

被害が拡大し、二次災害が起きた場合、施設の所有者及び管理者(管理会社)は、
人命に関わる責任を問われ、消防法・刑事罰・責任等で、罰則をうける事になってしまいます。

消防法についてはこちらから全文ご確認いただけます。

万が一の動作不良をさけるために負荷試験のできるだけ早い実施を

非常用発電機が停電時にきちんと作動し、最低限の電力を供給してくれるのかを確認できるのは
負荷運転です。
コンプライアントを厳守した機能点検が、非常時の人命を守ります。

負荷試験の早い実施

トップ
当社が選ばれる理由
負荷試験とは
負荷試験の作業内容
負荷試験の流れ
予防的保全策とは
内部観察とは
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ

日本発電機負荷試験協会

総務省消防庁